株は損をしない小額投資から始めましょう

株は大きなお金を失うギャンブルのようなものだと考えている人も少なくありませんが、自己資金の範囲内で信用取引を使わないのであれば投じたお金を失う以外に損をするということはありません。株をする場合に一番最悪な結果というのは、投資をした会社が倒産などをしてしまって株価が0になってしまうことであり、その場合投資したお金をすべて失ってしまうことになります。逆に言えば投資したお金以上の金額うしなうことがありませんから、100万円投資をしたなら最大の損失は100万円であり、10万円であれば10万円の損失で済むということになります。そのため、これから株に投資をしてみようと思っている人は損をしても、それほど影響の大きくない少額から始めて見ると良いでしょう。現在では10万円以下で購入をすることができる、銘柄というのは数多くありますからそのような銘柄に投資をして万が一倒産をしても10万円の損失で済みます。そして、現実的には銘柄をよく選んで投資をすればいきなり倒産をしてしまうという可能性は、ごく僅かなものですから損を出しても2-3万円程度で済むということになります。損失が出たとしても、売ってしまわなければいいだけの話であり株価が戻ってくるのをまったり、株主優待や配当のある銘柄に投資をしてそれらのものを受け取りながら長期投資をするというか前でいれば、大きく損をするということはありません。少額で投資をしていれば、大きな利益を手にすることは難しい物の損失も小さく抑えることができますから、損のない投資をすることができます。
ある程度投資になれてくれば、そこから少しずつ金額を増やしていって資産運用をしてみると良いでしょう。

株価の変動に目を向けて予想するコツ

株価の変動に目を向けて取引をするためのポイントは、チャートという株価の変動を記録するツールをしっかりと使いこなすことです。チャートは証券会社から提供されている無料のツールで十分ですので、取引をしたいと考えている銘柄があればまずその銘柄をツールに登録して株価の動向をチェックすることがポイントになります。どの銘柄にも同じようにいえますが、株価の変動は同じような動きの繰り返しによって成り立っています。株価の変動は一定の動きをしていますのでその動きを分析するための指標もチャートツールには組み込まれていますので、それを利用することによって初心者でも難しい値動きをある程度予測することが可能になります。そもそも、株取引をする際にすべての情報を会社の情報などから取得することは不可能であると言えます。何千社という会社の情報をそれぞれの会社から取得するのは現実的に無理ですので、そうした情報を数値化することが出来るチャートツールというのは非常に効率的で分析がしやすいツールなのです。実際に、株取引に慣れている人はチャートを使いこなしてチャートの情報だけで取引を進めている人が非常に多いです。このような方法で取引をすることが出来るのも、数値の変動が一定で突然の値動きが例外的な場合に限られていることの証明にほかなりません。突然に値動きがあるような場合には特定の銘柄だけではなく基本的には全ての銘柄でそのような動きがありますのでそうしたものを予測する必要はありません。重要なのは、日頃から行われている取引内の値動きをきちんと見極めることなので、それができれば日常的に株取引で利益を出すことができるようになるでしょう。

多少のリスクも株の勉強になります

日本人は安定や安全を好むと言われていますが、これは江戸時代あたりからの文化だと考えられます。日本は平和な時代が続きすぎたために、高い利益を求めてリスクを抱えるよりも、できるだけリスクを抱えずにそこそこの利益を求める方が美しいとされるのです。しかし、株に投資をするのなら、このようなことはありえないことだと考えておきましょう。そもそも株にはリスクがありますから、リスクを抱えることも大事なのです。最終的にはリスクを抑えて、できるだけ安定した運用をするべきでしょう。しかし、最初からそれを求めていると、リスクの恐ろしさを知ることはできません。資産が大きくなってから恐ろしさを知ったとしても、そのときには損失の金額が大きくなりすぎる可能性があります。ですから、できるだけ早めにリスクの恐ろしさを感じておいた方が良いでしょう。それを知っているだけでも、その後の参考になります。とは言っても、投資を続けられなくなるようなリスクは抱えてはいけません。ぎりぎり投資を続けられるくらいのリスクを抱えるのは良い方法です。そのためには、少額での取引をするのは良い方法です。たとえば、数十万円くらいの資金であれば、一気になくしたとしても生活に困ることはないでしょう。これくらいの金額を本気で株につぎ込んでみれば、リスクについて学ぶことができるはずです。リスクを大きくしすぎないためには、いくつかの方法があります。その一つがレバレッジを高めすぎないことです。最初はレバレッジをかけないで株を取引するのが良いでしょう。信用取引をするのなら、売りの時にのみ使うという方法は良い方法です。ほかにも、たとえば5%の損失でロスカットをするなどのルールを定めておくのは良い方法です。

■取引に慣れた後に狙う株とは?
仕手株
■リスクを考えるなら色々な人の意見がわかる口コミサイトが良いです!
投資顧問のクチコミ

ページの先頭へ戻る