積水ハウスの株とFXの取引

株に投資をするときには、その対象となる企業がどのようなことを行っていて、それが将来的にどのような業績が見込まれるのかを考えることは大事なことの一つだといえるでしょう。例えば、積水ハウスは、住宅の建築に強いハウスメーカーです。住宅の需要が高くなれば業績が良くなると考えるのは自然なことでしょう。ただ、どのような住宅を作っているのかを知っておく必要はあります。

積水ハウスはハウスメーカーの中でも鉄骨造りに強いメーカーです。ですから、鉄骨の一戸建て住宅の需要が増えれば、積水ハウスの業績が伸びる可能性もあるといえるでしょう。最近では鉄骨造りだけではなくて、木造住宅にも力を入れていますから、一戸建ての住宅のニーズには応えられる収益構造をしています。景気が回復して住宅需要が増えれば、それによって業績が回復する見込みはありますから、株への投資は魅力的なものだといえるでしょう。

株はリスクが高いと言われることもあります。同じようにリスクの高いものとしてFXがありますが、FXよりはリスクは低いと考えられます。例えば、積水ハウスの株に投資をして、積水ハウスが倒産すれば、株の価値はゼロになるのが普通です。これを聞くと恐ろしそうに聞こえるかもしれませんが、現物であれば、投資した資金がゼロになるのが最大の損失です。

FXの場合にはそれだけではありません。FXの場合、投じた資金よりも大きな損失が発生することもあります。例えば、100万円を投資して150万円の損失を発生させることもあります。このような場合には追加で50万円を支払わなければならなくなります。このようなことを考えれば、株よりもFXのほうがリスクが高いことがわかるでしょう。

ページの先頭へ戻る